スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】マグロ漁を妨害→漁師にモリで突き刺され重傷 

【国際】グリーンピースがマグロ漁を妨害→怒った漁師にモリで突き刺され1名が重傷-地中海

【パリ時事】地中海で網に掛かったクロマグロを逃がそうとした環境保護団体グリーンピース・フランスの活動家が4日、
漁師にもりで突かれ、脚に重傷を負った。活動家は地中海の島国マルタの病院に運ばれたが、命に別条はないという。

同団体の声明などによると、小型ボートに乗った活動家らが網の縁に重りを付け、マグロを逃がそうとしたところ、漁船数隻から攻撃を受けた。

地中海産クロマグロについては禁輸案が3月のワシントン条約締約国会議で否決されている。
漁船所有者団体幹部はAFP通信に対し、グリーンピースの行為は漁師の生活を脅かすと非難した。 

6月5日9時43分配信 時事通信環境活動家、もりで突かれ重傷=地中海でマグロ漁妨害中―仏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000040-jij-int
動画

【東京】 新児ポ規制法案、民主党撤回要請 

★都の漫画規制案、民主が撤回要求へ

 18歳未満の性行為を露骨に描いた漫画やアニメの販売・レンタルを規制する
東京都の青少年健全育成条例の改正案について、都議会民主党は、都に撤回を求める方針を決めた。

 改正案には共産も反対の意向を示しており、民主が姿勢を明確にしたことで、
6月議会で原案通りに成立する可能性はなくなった。

 都は改正案を撤回しない考えだが、石原慎太郎知事が定例記者会見で
「誤解を受けているなら文言を修正したらいい」と述べ、
都議会与党の自民、公明が条文の見直しを検討している。

 これに対し、都議会民主党の幹部は「いったん白紙に戻す必要がある」と指摘。
抜本的な見直しが必要との考えを示している。

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100527-OYT1T00161.htm
続きを読む

【政治】クリントン長官、鳩山首相を称賛 

【政治】クリントン長官、鳩山首相を称賛 辺野古移設大筋合意で

クリントン米国務長官は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で日米両政府が
同県名護市の辺野古周辺への移設で大筋合意したことについて、鳩山由紀夫首相による「勇気ある決定だ」
と称賛した。訪問先の北京で語った。
AFP通信が報じた。クリントン氏は、鳩山首相が不人気な米軍基地を同県内に維持することを決めた、
と指摘したという。

[朝日新聞]2010年5月24日16時51分
http://www.asahi.com/international/update/0524/TKY201005240223.html
続きを読む

【普天間】鳩山首相「嫌われてると思えない」 

【普天間】鳩山首相「県民、みんな手を振ってくれる。嫌われてると思えない」→与党議員「本当に石を投げないと分からないのか」

鳩山由紀夫首相は4日の初来県後、周囲に「自分はそんなに反対されたとは思わない」との
感触を漏らしている。周辺によると「首相はむしろ歓迎されたと思っている」という。

4日は県庁前広場をはじめ、首相が立ち寄る各地で抗議行動が起きていた。しかし首相は
「どこでも、同じ人が集まっている印象がある」と感じ、「車で走っているときは(沿道で)
みんな手を振ってくれている。ほかの県を訪ねたときと比べてそれほど嫌われているとは
思えない」と話しているという。

このエピソードを聞いた与党議員は「宇宙人にもほどがある。本当に石を投げないと
分からないのか」と吐き捨てるように話した。

首相官邸には当初、4日を含めて5月中に3回、沖縄を訪れる算段もあった。
政府関係者は「顔見せ―説明―合意という段取りが想定されていた」と明かすが、県民感情の
実態を著しく見誤っていた印象はぬぐえない。

結局、23日の再来県を「5月中(の来県)は最後になろうかと思う」(首相の21日のぶら下がり
会見)と位置づけたが、仲井真弘多知事、稲嶺進名護市長は態度を軟化させておらず、
地元対策も場当たり的に臨んでいる印象が強い。(抜粋)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-23_6699/
続きを読む

【野党】 自民党、麻生前総理大臣らも動員して企業訪問  

【野党】 自民党、森元総理大臣や麻生前総理大臣らも動員して企業訪問 参院選に向け支持のつなぎ止めを図りたいとしています

★自民 支持つなぎで元総理動員

 自民党は、参議院選挙に向けて、総理大臣経験者も動員して
国会議員が企業訪問を行い、支持のつなぎ止めを図りたいとしています。

 自民党は、参議院選挙について、47選挙区で49人、比例代表で35人のあわせて
84人の公認を決め、候補者の擁立がほぼ終わったことから、選挙に向けた活動を
本格化させることにしています。

 具体的には、自民党離れが進む業界団体対策として、
今週から国会議員が手分けをして、東京都内の主要企業およそ800社を訪問し、
「民主党政権の暴走を止める」とした選挙公約の原案を説明することにしています。

 今回の訪問には森元総理大臣や麻生前総理大臣ら総理大臣経験者も動員し、
党をあげての活動をPRしたい考えです。
また谷垣総裁や、影の内閣にならった組織「ネクスト・ジャパン」のメンバーによる
全国遊説も始めており、有権者に直接訴えかけることで支持のつなぎ止めを図りたいとしています。

NHK http://www.nhk.or.jp/news/html/20100523/k10014621801000.html
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。