スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】 "ステルス戦闘機F22に匹敵" 中国 

【国際】 "ステルス戦闘機F22に匹敵" 中国、18年にも新型戦闘機配備か

★中国、18年にも新型戦闘機配備か 米F22に匹敵も

・ロイター通信は20日、中国が米国の最新鋭ステルス戦闘機F22に匹敵する可能性の
 ある新型戦闘機を、2018年にも配備すると米情報機関が予測していると報じた。

 中国の新型戦闘機は「第5世代」と呼ばれる最新鋭機に分類される。ゲーツ国防長官は
 昨年、中国が20年までは第5世代の戦闘機を保有することはないとの見方を示していた。
 中国がこれまでの米国の分析を上回る早さで軍事的に台頭している可能性がある。

 台湾は中国に対抗するため、米国にF16戦闘機の新型モデルのような最新装備を要求。
 オバマ政権は今年1月、台湾への武器輸出方針を決定した際にF16について見送っており、
 台湾による米国への働き掛けが強まりそうだ。

 http://sankei.jp.msn.com/world/china/100521/chn1005211358004-n1.htm
38 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/05/21(金) 14:31:24 ID:rShyZ5X+0 [1/2]
 まぁ、日本開発機のステルス性能を超えるものは無理だろ
 vlnews015027.jpg

162 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/05/21(金) 15:00:55 ID:yLAdc3GU0 [3/12]
 >>38
 アメリカをあまり怒らせないほうがいい
 vlphoto004417.jpg

131 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/05/21(金) 14:51:00 ID:yWvDyQnv0 [1/2]
ロシアの第五世代=ステルス戦闘機の初飛行成功のニュース。

■ロシア、第5世代ジェット戦闘機の試験飛行に成功  2010年01月30日 発信地:モスクワ/ロシア

 スホイは、47分間の飛行で機体の全システムをテストし、試験飛行は成功したと発表した。
この航空機が公開されたのは初めて。これまではロシア国営テレビも想像図しか伝えていなかった。

■第5世代戦闘機
 インタファクス通信(Interfax)によると、スホイPAK FAは長時間の超音速飛行が可能で
、同時に複数の目標を攻撃でき、短い滑走路で離着陸できる。敵のレーダーに捉えられにくい上、
衛星と僚機からの情報を総合して活用するという現代戦に必須の能力も備えている。
http://www.afpbb.com/article/politics/2688946/5251726


ロシア第5世代戦闘機T-50(PAK FA)は、新型エンジンを装備して初飛行した  2010/1/31(日)
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40818310.html

ロシア第5世代戦闘機スホーイPAK FA初飛行
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40818310.html

動画 --- http://www.youtube.com/watch?v=sRlQV5tPxlk


201 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/05/21(金) 15:10:52 ID:T4bg5oXm0 [3/6]
 ミサイル防衛は完璧なのに…
 443.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿※できるだけ名前を入れてください。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://typebrionac.blog3.fc2.com/tb.php/6-a95cd765

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。