スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】「ドン!ドン!」中学生2人が玉野市の変電所で感電 

【社会】「ドン!ドン!」中学生2人が玉野市の変電所で感電…12,000戸停電

11日午後8時20分ごろ、玉野市迫間の中国電力玉野変電所玉野制御中継所で「中学生が感電した」
と、近所の住民から同市消防本部に119番があった。玉野署などによると、
同市内の中学3年生男子3人が岡山市内の病院に運ばれたが、命に別条はないもよう。

同署などによると、3人は北側フェンス(高さ約2メートル)を乗り越え、
施設内に侵入。うち2人が、設備の一部に触れて感電したという。

中学生の母親の1人によると、感電した2人は手をつないだ状態で、うち1人が
設備に手をかざしていたところ、突然、衝撃が走ったという。

中国電力岡山支社などによると、変圧器を保護する避雷器に中学生が触れたとみられる。
午後8時13分から同25分にかけ、玉野市と岡山市南区の計約1万2000戸が停電した。

同中継所は発電所から送られる11万ボルトの電圧を、民家や工場向けに6万ボルト、
または6000ボルトまで落とす役割を持っている。

現場はJR宇野駅から北西約6キロの住宅街の一角。近くに住む女性(53)は
「ドン、ドンと2度大きな音を聞いたと同時に停電した。何事かと思い外に出たら、
救急車などがたくさん来て驚いた」と話した。
13 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:14:45.45 ID:Ml/KNsGu0
・なれなかった自分になるのに、遅すぎることはない。
・次にチャレンジできる人が、成功する人間であり、勝利する人間なのです。
・今日だめだったら希望をもって明日にかけましょう。明日とは、明るい日と書きます。
・人生における最も大きな過ちとは、失敗を恐れ続けることである。
・あせることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。前者は過ちを増し、後者は新しい後悔をつくる。
・自分で薪を割れ。二重にあたたまる。
・今の自分は、過去に自分が考えてきた自分の姿である。
・自分を許す、自分を讃える、自分を笑ってみる。
・「相手が悪い」と、一本指を人に向けてごらんなさい。折った残り3本の指は自分に向いているでしょう。
・才能には限りがあるが努力には限りがない。
・一日生きることは、一歩進むことでありたい。
・ときには苦しいことに出会わないと、今の自分でいることが、どんなに幸せなのかを忘れてしまうでしょう。
・考えただけでは何の価値も生まれない。行動するからこそ、初めて価値が生まれてくるのである。
・人間にとって最も不幸なことは昔、幸せだった事だ。
・「絶対に失敗しないとわかっていたら、何をしてみたいですか?」
・「チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである」
・「私は思う。今が一番大事な時だ。もう一歩!」
・チチニマラハサムニダ

38 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/06/12(土) 00:31:15.41 ID:pF3NVhkM0 [1/5]
  命に別状が無かったのはどういう状況だったんだろうか??
  手を繋いでて感電したって言うなら体を通り抜けるだろうし、そうなると
  体の中火傷して偉い事になると思うんだが

41 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 00:32:11.24 ID:KUk8J6jv0 [1/2]
  よく助かったな。

  でも、こういう高圧電流に感電すると、命は助かっても、感電した部分が順番に壊死して腐っていくそうだ。
  腐った部分から順番に切断するんだと。
  手で触ったなら、手→肘から先→二の腕、みたいに。

  前の職場で現場監督してたから、安全研修か何かで習ったぞ。

  まさに、これからが地獄だ。

58 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/06/12(土) 00:34:02.68 ID:KiZHJXhL0
              _人人人人人人人人人人人人人_
              > ビリビリしていってね!!!  <
      ,. .-――― ̄.^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄――. . 、
     /: :r‐r============┐              /´ / : :`i、__ : : : \
    / : ├l‐1―――――― |             ∧〉:/:/: : /: |= ミ丶、: :ヽ
  / : : : }‐ヒL二二二二二二」             /: : :/l/ }:l:/l,: }   ヽミi : :|
  |: : : :/:/: :/ |: :ィ l :/:|  ミ |           {/ /ゝ、ノイ ノl/ /_ トl!: : :|
  |: : :/:/ :/--}/ |ノ}ハl-- ! }            |l:/|/(ヒ_]    ヒ_ン ) ト. :|
  |: :/イrV (ヒ_]    ヒ_ノ) |ノ|             |/!:l '"  ,____,   "'' ノ: : |
  |: : :八{ ""       ""| :{              lハ.   ヽ. _ン     / : :|
  }: :/:|:i 、    ―     ノ ハ             ノ}: iヽ、        .イ:i : : :{
 ノイ}从{/ >  __ ィ::ノ :{             |:ハ: i`. -----<ト:}从{:トヽ

(*・ω・)<実はこれがやりたかっただけ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿※できるだけ名前を入れてください。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://typebrionac.blog3.fc2.com/tb.php/18-096abd16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。